交通事故法律相談クリニック ホーム > 事故に遭ったらいつ相談すればよいか?

事故に遭ったらいつ相談すればよいのか?

事故で重傷を負ってしまったら、できるだけ早く弁護士に相談するのが望ましいと言えます。
弁護士に相談・依頼するタイミングがわからない、という被害者の方は少なくありません。
しかし、事故の重傷で負ってしまったら、できるだけ早く弁護士に相談するのが望ましいと言えます。

 

なぜなら、事故発生後、すぐに損保会社とのやりとりが始まりますが、損保会社はあくまで相手方(加害者)の立場だからです。
たとえば、被害者の治療が1ヶ月以上中断した場合には因果関係が否定される場合があったり、被害者が無過失の場合には健康保険を使うメリットがないことを損保会社が常に説明してくれるとは限りません。

 他方で、後遺障害・損害賠償を適切に進めるには法律の専門知識・経験が必要ですが、上記の通り損保会社が被害者の立場で行動してくれることはまずありません。


被害者も自分の立場で行動してくれる弁護士に依頼することで、法律的なアドバイスを随時受けながら行動することがはじめて可能になるのです。

 

 

当事務所では、初回相談料・着手金を無料としており、被害者の相談・依頼の負担を少なくしています。

また、早期に相談した場合でも、事前に弁護士費用の見通しについても説明しますので、弁護士に依頼するメリットがあるかどうかを検討することも可能です。
 特に、交通事故による被害が重症であればあるほど、弁護士に依頼するメリット・必要性が大きくなるのが一般的です(入院した場合、後遺障害が残る可能性が高い場合等)。


 事故後早期の段階で相談することにより、弁護士による専門的なアドバイスの結果、
適切な後遺障害等級・損害賠償を獲得できる可能性が高くなります。
 
 相談のタイミングを逃すことで、適切な損害賠償・示談金が受け取れないおそれも否定できません。

当事務所では、事故発生直後から相談・
依頼を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談下さい。弁護士が解決します

お気軽にご相談下さい。

※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。
 ご予約のみとさせて頂いております。