交通事故法律相談クリニック ホーム > 弁護士に相談・依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

弁護士に相談、依頼した場合の3つのメリットを解説します。

弁護士に相談・依頼した場合の3つのメリットを解説します。

①【経済的メリット】 最終的な賠償金獲得金額が大幅に増額されます

 よく言われることですが、保険会社は被害者への支払保険金(損害賠償)をできるだけ抑えようとする傾向があります。そのため、保険会社の提示額でそのまま示談してしまうのと、弁護士が損害賠償金を算定した場合では、最終的な獲得額が大きく異なるケースが大半です。
 当事務所が依頼を受けた被害事案においても、保険会社の提示額から2倍以上の増額となったことも少なくありません。保険会社の案内が不適切であるため、そもそも後遺障害等級の認定を受けていないケースも多く、中には10倍以上の賠償金増額となった事案もあります。
 このように、交通事故に特化した弁護士に依頼することで、被害者が本来受け取るべき最大限の損害賠償金を獲得できるというメリットがあります。

②【精神的・心理的負担の軽減】 弁護士が
代理人となることで、保険会社と直接やりとりをする必要がなくなります

当事務所では多くの交通事故被害者からのご相談・ご依頼を受けていますが、多くの方が訴えるのが、保険会社の対応への不満や、不誠実な態度をとる加害者への怒りです。
 確かに当事務所が手がける事案の中でも、保険会社が不適切な対応をとることがあるため、弁護士としても被害者の訴えは十分よくわかります。
 被害者ご自身が一人で保険会社と交渉をしなければならないとすると、その精神的・心理的な負担は図り知れません。しかし、一度弁護士に依頼すると、以降の保険会社との交渉はすべて弁護士が代理人として行うこととなります。被害者は保険会社と直接対応する必要が全くなくなるのです。その上で、当事務所では保険会社とのやりとりを随時被害者へご報告致しますので、被害者は保険会社と直接交渉をせずとも事件の進捗状況を常に把握することができます。
 このように、弁護士に依頼することで、気の重い保険会社との交渉や面倒なやりとりを一括して弁護士に任せることができ、更に被害者の精神的・心理的負担が軽減されるというメリットがあります。

③【法律の専門家によるサポート】 法律・交渉のプロフェッショナルによるサポートを得ることで、保険会社と対等に交渉することが可能です

 弁護士に依頼することで、自賠責保険金の請求手続・異議申立手続や保険会社との交渉、民事訴訟手続など、全て弁護士が代理で行います。ま弁護士に依頼することで、保険会社と対等に交渉するため、弁護士という法律のプロのサポートを得られるというメリットた正当な損害賠償金を獲得するためには、被害者に有利な事実を証明するための証拠収集が不可欠です。当事務所は、これまで数多くの交通事故事件を手がけてきた経験に基づき、証拠収集についても被害者と二人三脚で進めていきます。
 交通事故事件の解決に要する自賠責保険の手続や訴訟手続は極めて複雑・困難であり、証拠についても専門的知識・ノウハウが必要です。また、保険会社との示談についても、高度な交渉テクニックが必要となります。これらをすべて被害者ご自身で対応すると、かなりの労力がかかります。ただでさえ交通事故の被害で大きな損害を受けているのに、その損害を回復するための過程でさらなる負担を強いられては元も子もありません。弁護士に依頼することで、保険会社と対等に交渉するため、弁護士という法律のプロのサポートを得られるというメリットがあるのです。

お気軽にご相談下さい。弁護士が解決します

お気軽にご相談下さい。

※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。
 ご予約のみとさせて頂いております。