交通事故法律相談クリニック ホーム > 成年後見手続と損害賠償

成年後見手続と損害賠償

 交通事故の被害に遭った場合、残念ながら被害者本人の意識が元通りに戻らないことがあります(遷延性意識障害)。
  交通事故の被害に遭った場合、残念ながら被害者本人の意識が元通りに戻らないことがあります(遷延性意識障害)。

 本人が財産の管理をできなくなった場合、事前に成年後見の申立手続をしなければ交通事故の損害賠償の解決もできません。なぜなら、損害賠償金の解決・受領には本人に法律上の財産管理能力が必要になるからです。
 当事務所では、高度の意識障害を負った被害者・ご家族から依頼を受けた場合には、損害賠償手続に加え成年後見手続も含めてすべて一括して受任・解決しています。
成年後見手続に要する弁護士費用は実費負担のみで、成年後見申立費用を別途いただくことはありません(通常、成年後見手続を弁護士に依頼した場合は申立の弁護士費用が発生します)。
このように成年後見手続が必要な高度後遺障害の場合であっても、当事務所は損害賠償手続の一環として交通事故の弁護士費用ですべて行いますので、安心してご依頼いただくことが可能です。

 当事務所は高度の後遺障害事案にも積極的に取り組んでおりますので、本人に意識障害がある場合、ご家族の相談も承っており、症状固定前からの相談・依頼案件も数多くのご依頼をいただいております。
 ご相談をご希望の被害者本人・ご家族は、メール・電話にて法律相談のご予約をお願いします。

お気軽にご相談下さい。弁護士が解決します

お気軽にご相談下さい。

※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。
 ご予約のみとさせて頂いております。