交通事故による後遺障害事案の解決、弁護士をお探しなら札幌の道民総合法律事務所にお任せ下さい。損害賠償・示談の法律相談承っております

弁護士 大槻遼太 道民総合法律事務所が選ばれる理由
初回相談料無料。お気軽にどうぞ
 保険会社との裁判について
 平成27年度の解決事例を紹介します
 平成26年度の解決事例を紹介します
 平成25年度の解決事例を紹介します
初回法律相談料は無料です。
弁護士に相談・依頼するメリット
 

後遺障害等級12級と認定された方へ

後遺障害12級に該当する場合であっても、実際には治療終了後も日常生活や仕事に支障の生ずる重い症状に悩まされている被害者が多い後遺障害であるのが現状です。 当事務所では、後遺障害12級の被害者救済のため、積極的に12級の後遺障害事案に取り組んでいます。
>>詳しくはこちら
 

後遺障害等級14級9号と認定された方へ

後遺障害等級14級9号は、痛みやしびれ・まひといった神経症状が将来においても回復が困難と見込まれる傷害と捉えられる場合に、「局部に神経症状を残すものとして」認められます。
>>詳しくはこちら

交通事故の被害にあった札幌市民、北海道民の皆様へ

道民総合法律事務所弁護士 大槻遼太

道民総合法律事務所弁護士 大槻遼太
このホームページをご覧になっている方は、札幌など道内で交通事故の被害に遭われた方、後遺障害にお悩みの方、もしくは、ご家族・ご友人に交通事故の被害者がいる方なのではないでしょうか?
 
 交通事故の被害に遭うと、まずは医療機関での治療を受けるところから始まります。
 医師の治療により事故前のように治ればよいのですが、重大な後遺障害が残ってしまう方が少なくないのが交通事故による被害の実態です。
 そして、怪我の治療が一通り終了すると、後遺障害に応じた損害賠償・示談交渉を被害者自身が行わなければなりません。
 他方で、加害者側は損保会社が被害者対応を行います。
 実は、交通事故による怪我と同じくらい、治療中や示談交渉における損保会社・加害者の対応で嫌な思いをする被害者が少なくありません。損保会社は、被害者をないがしろにする態度をとったり、通常より低い金額の示談案を独自に算出し押しつけてくるのです。
 
 しかし、被害者が一人で悩み、損保会社の言いなりになる必要はありません。
 当事務所は、特に後遺障害の残る被害者のための法律面のクリニックとして、交通事故の被害に遭った道民の皆さまのご相談、ご依頼をお受けしています。 
 被害者が法律的に正当な損害賠償金を獲得し、損保会社と対等に渡り合うために、被害者のための法律事務所として、道民の皆さまのお力になりたいと考えています。
交通事故による後遺障害などお悩みのは是非、札幌の「道民総合法律事務所」までご相談下さい。

道民総合法律事務所の交通事故事件への取組・事件処理方針

当事務所の特徴
後遺障害事件の解決ポイント
損保の対応に納得がいかない方へ
当事務所の弁護士
弁護士に相談、依頼するメリット
法律相談するには
法律相談、費用が心配な方へ
弁護士費用
よくある質問 Q&A
重症を負われた方、遠方の方へ
交通事故の法律知識
解決事例

お気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。

※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。
 ご予約のみとさせて頂いております。